バガラベインガンのレシピ

Bagara baingan

ハイデラバードの名物料理です。bainganがナスを指します。bagaraが、tenperedとか、tadkaとかと同じような意味らしく、スパイシーとか香しいとか、そんなかんじですね。また、bagaraを、baghara、bagareyと書くこともあるようなのですが、詳しくないのでわかりません。英語で表記しようとすると、spicy eggplant curryとか、savoury eggplant curryとか、rich eggplant curryでしょうか。きっと英語圏の方にも、bagara bainganのほうが通じるような気がします。

ビリヤニと食べるのが定番のようです。ビリヤニにバガラベインガンがついてくるなんて、贅沢ですね。

それでは、まずは動画でイメージを掴んでください。

 

続きを読む

LINEで送る
Pocket

イェルバリのレシピ

yeruvalli kuzhambu

日本ではなじみのない料理です。yeruvalliというタミルナドゥ州の料理で、カーストの最上位に列されるbrahminの料理のようです。ケララにも、pulinkariという似たような料理があって、ケララにもbrahminはいるので、タミルナドゥ州の料理だ、と断定するのは気が引けます。まあ、おいしいので、深く考えないようにしましょう。ココナッツの甘味にフェネグリークが香り、恍惚の味になります。

まずは動画でイメージをつかんでください。

 

続きを読む

LINEで送る
Pocket

南インド屋スパイス講座その①スパイスには火を通す

これから何回かに分けて、スパイスの使い方の、基本的なところを述べていきます。思いつくままに書いていくので、後でまとめて一本のコラムにするかもしれませんし、映像化するかもしれません。

これまでのレシピやコラムと内容が重複することがありますし、もしかしたら、腕利きのスパイス好きの皆様には、物足りない内容になるかもしれませんが、どうかお付き合いください。想定する読者像は、S&BやGABANのスパイス類を、ちょっと触ったことがある、程度の方々です。

最初は、基本原則その①スパイスには火を通す、です。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

白いベジクルマのレシピ

White veg kurma

ベジクルマ、というのは、kormaというリッチなカレーから派生したものらしいです。kormaが、kurmaになったんですね。kurmaというと、南インドっぽい呼び方です。明確な線引きは難しいところですが、ココナッツは、大切な要素です。ココナッツの入らないkormaはたくさんありますが、ココナッツの入らないkurmaは、あまりないと思います。そんなかんじです。

南インド屋の店舗では、ターメリックもトマトも赤唐辛子も使わない、白いkurmaのことを、ベジクルマと呼称していました。ここまで白くてココナッツっぽくしておけば、kormaとの差別化を図れると考えたからです。このレシピでは、このようなkurmaを、白いveg kurmaと呼ぶことにします。英語ではそのまま、white veg kurmaというようです。

まずは、動画でイメージをつかんでください。

 

続きを読む

LINEで送る
Pocket

KAPO Curryに行ってきました。札幌の間借りカレー屋です。

かっぽうかぽうさんの「KAPO Curry」というカレー屋に行ってきました。札幌の中心部にある、fudgeというバーを間借りして営業しています。札幌では珍しい間借りカレーです。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

玉ねぎのパコラののレシピ

onion pakora

インドのかき揚げのようなものです。フリッターの方が近いかもしれません。パコダ、バジ、などとも呼びます。インドだけでなく、ネパールでも食べられるものですね。

本来は、ベイスン(ひよこ豆の粉末)だけか、米粉を混ぜて揚げるのですが、このレシピでは小麦粉を使います。インドのみなさんごめんなさい。小麦粉はさくっとしておいしいのです。

いつもとは違う、長めの動画を作りましたのでご笑覧ください。音声付きです。

 

続きを読む

LINEで送る
Pocket

オクラのティーヤルのレシピ

Okra theeyal

Malayalamという言語だと、Vendakka theeyalです。焦がしココナッツのカレーです。theeyalというのは、焦げたもの、burntくらいの意味のようです。vendakkaがオクラ、という意味です。英語だとokraとかladyfingerですね。

焦がしココナッツの風味が特徴的で、タマリンドの酸味も加わるので、好みがわかれる料理かもしれません。ただ、お店で出すと、みなさまに喜んで頂けたので、日本人の許容範囲は広いのだなあ、と思いました。

まずは動画でイメージをつかんでください。

 

続きを読む

LINEで送る
Pocket

パイナップルのプリセリのレシピ

Pineapple pulissey

プリセリはケララ州の料理で、Onamというお祭りのときに食べられる、超豪華ミールスのようなSadhyaでも出てきます。プリセリは、マンゴー、冬瓜、パイナップルあたりで作ることが多いようです。同じようなカレーに、モールコザンブmor kuzhanbuがあって、こちらもヨーグルトのカレーです。ココナッツの有無やスパイスの使い方が二つの違いですが、例外もあるのでお気を付けください。

これ単体でご飯を食べる、というイメージでなく、たくさんあるおかずの中の一つとして輝きます。

それでは、まずは動画でイメージを掴んでください。

 

続きを読む

LINEで送る
Pocket

冬瓜のポリヤルのレシピ

Ashgourd poriyal

冬瓜のココナッツ炒めです。正確に言うと、winterrmelonかもしれません。ashgourdと言ったほうが格好いいです。

冬瓜を炒めてココナッツをまぶしたもので、そのまま食べておいしいかと訊かれたら、ちょっと考えてから、わりとおいしいよ、と答えるような味です。ただ、ミールスの一品としては、とても良いです。冬瓜のほろ苦さがおいしいのです。

そもそもポリヤルとは何だろう、という方はこちらの定義のようなものをご覧ください。

まずは動画でイメージをつかんでください。ただ冬瓜を炒めているだけの動画です。

 

続きを読む

LINEで送る
Pocket

ハイデラバードっぽいベジコルマのレシピ

Hyderabadi Veg korma

コルマ、というのは、生クリームやココナッツ、ナッツ類でコクをだした、リッチな味のカレーを指します。とろみがあって、重たそうなカレーは、コルマと呼んでおけば、間違いではありません。

このレシピは、ハイデラバード出身の友人が作っていたもので、ハイデラバード風だ、と彼は言いますが、その定義は良く分かりません。このコルマには、ココナッツを入れてはいけません。彼に怒られます。「あいつらはなんにでもココナッツを入れたがるんだ」と彼は言います。なるほど、同じインド人でも、出自によって、色々なんですね。

kormaと書くのですが、Qolmaと書くこともあり、このあたりの区別はよくわかりません。kurmaと書くと、南インドっぽい雰囲気になります。

まずは、動画を見てイメージをつかんでください。

続きを読む

LINEで送る
Pocket