カッティダルkhatti dalのレシピ

khatti dal

酸っぱいダルです。khattiは、酸っぱい、というくらいの意味のようです。テルグなのかウルドゥなのか、ちょっとわかりません。ウルドゥのようです。

タマリンドを意味する語では無いようですが、タマリンドで酸味をつけるのが一般的なようです。ただ、知り合いのハイデラバード出身のインド人は、タマリンドの代わりにレモンで酸味をつけていました。タマリンドは面倒だから、とのことです。

材料と手順

●マスールダル——1cup

●水——900ml

●トマト——中サイズ1/2個

●ターメリック——小さじ1/8

●チリパウダー——小さじ1/4

●塩——小さじ2

タマリンドペースト——大さじ3

①マスールダルはざっと洗って、900mlの水に1時間以上つける。圧力鍋に、ダル、トマト、ターメリック、チリパウダー、サラダ油ひとたらし(分量外)を入れ、圧力がかかったら弱火にし、5分間煮て火を止める。

②蓋を開けて、塩とタマリンドを入れて書きまぜ、3分ほど煮込んだら火を止める。

③テンパリングをする。別の小鍋に、サラダ油大さじ1を熱して、クミンシードを入れる。軽く色づいたらホールチリを入れて火から離し、5秒ほど鍋をゆすってから、ダルの鍋にジャッとかける。

マスールダルを浸水させます

トマト・ターメリック・チリパウダーを入れる

圧力をかけて5分間煮る

塩・タマリンドを入れて煮込んだらテンパリング

カッティダルのポイント

・きっちり酸味をつけるのが最大のポイントです。好みにもよるのですが、しっかり付けたほうがkhatti dalらしいです。酸味を立たせるために、塩味も、きっちりつけます。

・このレシピだと、わりとシャバシャバのダルになります。

・色味は、タマリンドが入るので、黒ずんだ黄色になります。

こういう作り方もあります

・個人的にはトマトも入れなくても良いのですが、それではあんまりなので入れました。お好みで抜いてください。逆に、もっとトマトを入れても良いです。

・青唐辛子、ニンニク、生姜、コリアンダーパウダーなどを入れても良いです。とくにニンニクは、最後のテンパリングに入れて香ばしく仕上げるのも一般的です。また、カレーリーフやパクチーを入れても良いです。このレシピでは、華やかさを出さないために敢えて抜いています。

・粘度は、本当にいろいろで、もったりしたものから、もっとシャバシャバまであります。お好みでどうぞ。

・使うダルは、トゥールダルでも良いです。ここでは、サンバルとの差別化や、なんとなくマスールダルの田舎くさい味が合う気がするので、マスールダルを使っています。二つを混ぜて使っても良いです。

・マスールダルは、浸水させなくても煮られます。煮る時間をすこし長くしてください。

・テンパリングの前に、レモン汁を大さじ1程度入れると、きりっとした酸味になります。酸っぱいのが好きな方はお試しください。また、タマリンドペーストを大さじ5くらいまで増やしても良いです。個人的には、大さじ4くらいが良いところだと思います。

どうやって食べるか・どのように提供するか

・これと、何か簡単な炒め物があれば、それでミールスになります。ここで紹介しているものでは、茄子のヴェプドゥや、ポテトローストなどが良いと思います。ココナッツの入ったポリヤルと言うよりは、スパイシーなものが合います。ノンベジにも合います。

・アーンドラダイニング系列で出てきそうです。それよりも、もっと家庭的な味なので、アーンドラダバに続き、四店舗目を出す際には、本当に家庭的なミールスを出す店にしてほしいです。ダルチャも良いですね。

・スパイスカレーにも使えそうです。酸味のあるダルを作りたいけどサンバルは面倒、という場合、水を500ml程度まで減らして作れば、ねっとりした出来になるので丁度良いです。


酸っぱいものは好きですか?僕は大好きです。

酸っぱいのが好きな方に、いくつかお勧めを紹介します。

南インド屋で出していたラッサム

酸味と言えばラッサムです。ラッサムの中でも、お坊さんが喜びそうな味です。

マイソールラッサム

カルナータカ州のマイソールのラッサムです。ココナッツやダルやスパイスがごりごり入っている、異色のラッサムです。

キウイのクランブ

タマリンドの酸味と、火を通したキウイの酸味が合わさり、酸味好きにはたまらない味です。

本来はマンゴーを使うところですが、日本では高いのでキウイにしました。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*