安くて作りやすくて美味しい「キャベツのポリヤル」のレシピ

キャベツのポリヤル

キャベツのポリヤル Cabbage poriyal

日本のレストランでの遭遇率が高いポリヤルです。なぜならキャベツは、仕入れが安定していて、安くて、そして歯触りもよくおいしいからです。年中作れます。

ポリヤルには様々な種類があり、大体どんな野菜でも作ることができます。何種類かを混ぜて、ミックスポリヤルにすることもあります。また、同じポリヤルでも様々な作り方があり、このレシピの物は、あっさりしている方ですが、もっとあっさりしたシンプルなものあります。

その時の気分や、ほかのカレーとの兼ね合いで、好きなポリヤルを作ってください。

まずは動画を見て、イメージを膨らませてください。

ポリヤルとはなんぞや、というのが気になる方は、まずはこちらを読むことをお勧めします。

『ポリヤルporiyalとは』

 

キャベツのポリヤルってどんな味?

基本的には、野菜炒めの味です。つまり野菜の味です。塩味は、あまり強くはつけないのが一般的です。それだけでご飯を食べられるほどには強くしません。少し薄いかな、くらいで良いです。

ココナッツが入っているので甘みがあり、野菜の甘みと合わさって、優しい味になります。それに、マスタードや炒めた豆の香ばしさが加わります。

見た目としては、とにかく野菜を小さく切ります。それがインドらしさです。

強火では炒めず、弱火にするので、パリッとした出来というよりは、しんなりした出来になります。それで良いのです。ケララの風Ⅱでは、炒め蒸しと表現しています。

けれど、水っぽくなってはいけませんので、作り方をよく読んでください。

材料と手順

(5人分)

●キャベツ——250g(6㎜の角切り)

●玉ねぎ——1/8個(みじん切り)

●青唐辛子——1/2本(みじん切り)

●カレーリーフ——5枚

●スターター用スパイス

○サラダ油——大さじ1

○マスタードシード——小さじ1/2

○ウラドダル——小さじ1

●ヒング——小さじ1/8

●コリアンダーパウダー——小さじ1/2

●塩——小さじ1

●ココナッツシュレッド——1/3cup

もっと小さくしてもおいしいです

ちょっと切り方が大きかったです。もっと細かく。

1.熱したフライパンにサラダ油を熱し、油が温まったら弱火にする。マスターシードを入れ、ぱちぱちと弾けたらウラドダルを加え、軽く色づくまで炒める。焦げやすいので、うっすらと色がついたところで玉ねぎと青唐辛子、カレーリーフを加え、さっと炒める。ヒング、コリアンダーパウダー、塩を加えたら、またさっとかき混ぜて、キャベツを入れる。弱火のまま炒める。

2.時々かき混ぜながら弱火で炒め、キャベツがしんなりしたらココナッツシュレッドを入れ、かき混ぜたら火を止める。

玉ねぎと青唐辛子で鍋の温度を下げて、焦げるのを防ぎます

キャベツを入れてからも弱火で。決して強くはしません。

TIPS

・コツは、弱火で炒めること。もどかしいとは思いますが、とにかく火を強めてはいけません。水っぽくなります。熱した油で、ジャッと炒める、というイメージは、ポリヤルに関しては捨ててください。

・ココナッツは、細かいファインをつかっても良いのですが、見た目と、口に入れた時のぽそぽそ感が好きではないので、細長いシュレッドを使います。

・キャベツが硬い時は、蓋をして炒めた方が良いこともあります。ただ、春キャベツなどの、薄いキャベツは、蓋をするとべちゃっとなってしまいます。キャベツと相談しましょう。

・キャベツの切り方で、食べた印象がおおきく変わります。もっと小さく切った方が、町のミールス屋さんっぽくなります。

・ココナッツシュレッドを先に入れるレシピもありますが、最初に入れると水を吸い、野菜に火を通すための水分が足りなくなることがあります。そうすると、水を足さなければいけなくなり、出来上がりが水っぽくなります。

関連記事

南インドの野菜炒め「ミックスポリヤル」

人参、インゲン、キャベツと茄子で作っています。写真うつりが良いのは、やはりミックスポリヤルです。味の華やかさでもミックスポリヤルです。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. にゃにゃこ より:

    キャベツのポリヤルを作ってみました。カレーリーフとヒングが無かったのでレシピに忠実にとはいきませんでしたが、しみじみ優しい美味しさでした。

    1. shirotadcs より:

      作ってみてくださったんですね。有難うございます。
      ヒングもカレーリーフも、無いなら無いで大丈夫です。
      これからも更新していきますので宜しくお願いします。

コメントを残す

*