冬瓜のポリヤルのレシピ

Ashgourd poriyal

冬瓜のココナッツ炒めです。正確に言うと、winterrmelonかもしれません。ashgourdと言ったほうが格好いいです。

冬瓜を炒めてココナッツをまぶしたもので、そのまま食べておいしいかと訊かれたら、ちょっと考えてから、わりとおいしいよ、と答えるような味です。ただ、ミールスの一品としては、とても良いです。冬瓜のほろ苦さがおいしいのです。

そもそもポリヤルとは何だろう、という方はこちらの定義のようなものをご覧ください。

まずは動画でイメージをつかんでください。ただ冬瓜を炒めているだけの動画です。

 

材料と手順

(3人分)

●冬瓜——250g

(1.5cmの角切り)

●サラダ油——小さじ2

●マスタードシード——小さじ1/2

●玉ねぎ——大さじ1

(みじん切りにして量ってください)

●青唐辛子——1/2本

(みじん切り)

●ターメリック——小さじ1/4

●塩——小さじ1/2強

●カレーリーフ——10枚程度

●ココナッツファイン——大さじ山盛り1

①鍋にサラダ油を熱し、マスタードシードを入れる。全体の半分くらいが弾けたら玉ねぎ、青唐辛子、ターメリック、塩、カレーリーフを順番に入れて、ざっとかき混ぜる。そこに、冬瓜を加えて、かき混ぜたら蓋をして、弱火で10分くらい火を通す。ときどきふたを開けてかき混ぜないと焦げることがあるので注意。

②冬瓜は、火が通ってくると透明になって水っぽくなる。冬瓜に8割がた火が通ったら、ふたを開けて、水分を飛ばすように中火で3分ほど炒める。ココナッツファインを入れたら弱火にして、かき混ぜながら1分ほど炒める。味を見て、足りなければ塩を足す。

冬瓜のポリヤルのポイント

・なんだか半端な味だなあ、となれば、成功です。うまくできています。塩味はあまり強くつけないで、マスタードの香ばしさや、冬瓜のほろ苦さを楽しむ食べ物です。

・色としては、ターメリックの薄黄色になっていればそれでOKです。簡単です。

・冬瓜に完全に火を通してしまうと、べちゃべちゃになりますので8割くらいで火を止めてください。また、冬瓜は炒めると水が出るので、炒めるときに水は加えないでください。ココナッツを入れる直前には、ちょっと冬瓜の水分が出ていて、それをココナッツで吸い取って仕上げるイメージです。

・強火で炒めると、ポリヤルっぽくなりませんので、弱火から中火で炒めてください。

こういう作り方もあります

・ココナッツファインと書きましたが、ココナッツシュレッドをあらく挽いたもののほうがおいしいです。市販のココナッツファインは、挽き方が細かすぎることがあります。

・ターメリックは入れなくても料理としては成立します。ただ、なんとなく、このポリヤルに関しては、黄色味をつけたほうが良いと思います。

・玉ねぎフリーで作ってもおいしいです。バラモンを歓待するときなどは、玉ねぎ抜きで作ってください。

・青唐辛子を入れなくても作れます。

・スパイスはマスタードシードしか使っていませんが、クミン、ヒング、コリアンダーパウダー、チリパウダー、ホールチリ、ウラドダル、チャナダル、などを入れてもよいです。最初に油で炒めてください。


わりと関連する記事を紹介します

キャベツのポリヤルのレシピ

キャベツのポリヤル

キャベツのココナッツ炒めです。ミールスの定番です。

安く簡単でおいしいので、初めてポリヤルを作る方にもおすすめです。

ミックスポリヤルのレシピ

ミックスポリヤルのレシピ

いろいろな野菜をつかったポリヤルです。

味としてもよいのですが、写真写りが良いので、SNS的にとてもよろしいポリヤルです。

冬瓜のプリセリのレシピ

冬瓜の数少ない使い道です。

個人的にはとても好きなのですが、非常に地味なカレーです。

パイナップルのレシピと作り方が若干違いますが、まあ、あまり気にしないでください。

サンバルのレシピ

南インドのサンバル

冬瓜の使い道その2です。南インドを代表するカレーです。。

このレシピでは、ナスとオクラと冬瓜を具として入れています。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*