日本ではまだ珍しい、変わった味のもの

日本人の味覚には合わなさそうなものが好き、という奇特な方のためのレシピです。どうぞご活用ください。クランブ、パチャディ、プリセリ、チャトニ、などはこちらです。どうぞどうぞ。

 

カッティダル

オクラのモールクランブ

キウイのクランブ

キウイのパチャディ

トマトのパチャディ

ビーツのパチャディ

イェルバリ

白いベジクルマ

オクラのティーヤル

パイナップルのプリセリ

冬瓜のプリセリ

クートゥカリ

ココナッツチャトニ

茄子のチャトニ

生姜とヨーグルトのチャトニ

パイナップルのプリセリのレシピ

Pineapple pulissey

プリセリはケララ州の料理で、Onamというお祭りのときに食べられる、超豪華ミールスのようなSadhyaでも出てきます。プリセリは、マンゴー、冬瓜、パイナップルあたりで作ることが多いようです。同じようなカレーに、モールコザンブmor kuzhanbuがあって、こちらもヨーグルトのカレーです。ココナッツの有無やスパイスの使い方が二つの違いですが、例外もあるのでお気を付けください。

これ単体でご飯を食べる、というイメージでなく、たくさんあるおかずの中の一つとして輝きます。

それでは、まずは動画でイメージを掴んでください。

 

続きを読む

トマトのパチャディのレシピ

Tomato pachadi

トマトを、マスタード風味のココナッツぺ―ストでさっと煮たものです。ケララっぽい料理です。

マスタードの辛みがアクセントになっています。トマトの赤、ココナッツの白、カレーリーフの緑と、見た目も良いので、ミールスとしてずらっと並べた時に、写真うつりがよくなることが期待できます。

パチャディとは何ぞや、という方は、まずはこちらのコラムをご覧ください。

動画もありますので、見てイメージをつかんでください。

 

続きを読む

皮付きひよこ豆とじゃが芋の、焦がしココナッツカレー「クートゥカリ」のレシピ

クートゥカリ

クートゥカリ kootukari

いかにも日本人の感覚から離れている、ケララのカレーです。

食べて、一拍置いて、うんおいしいね、という味です。地味な味です。

本来はヤム芋や青バナナで作るのですが、そこはじゃが芋で代用します。ひよこ豆は、皮付きでなかったり、挽き割りであるチャナダルをつかうこともあるようなのですが、南インド屋ではこのレシピで作っています。

ちなみに、kootu kari という名前は、kootuとkariに分けて考えずに、「kootukari」という名前のカレーだと考えてよいと思います。

それでは、まずは見た目と文章でイメージを膨らませていきましょう。

続きを読む

日本での認知度は殆どゼロ!「冬瓜のプリセリ」のレシピ

冬瓜のプリセリのレシピ

Wintermelon pulissery(英) Kumbalanga pulissery(malayalam)

無脂肪ヨーグルトとココナッツを使った、ケララ州のさわやかなカレーです。

個人的には、とても好きなのですが、日本での認知度は、ほぼゼロでしょう。

全国カレー好きの皆さま、並びにインド好きの皆さま、落ち着いてください。ご存知の方がいらっしゃることも、承知しております。ただ、1%未満の数値は切り捨てで、ゼロにさせてもらいました。

単体では地味ですが、ダールやサンバルだけでなく、このようなカレーがあると、ミールスが一気に華やかになります。白米にヨーグルトが合う、というのを実感できるカレーです。

pulisseryというのは、無脂肪ヨーグルトを使ったケララのカレーのことで、moru curry とほぼ同じです。

それでは、まずは見た目と文章でイメージを膨らませていきましょう。

続きを読む

ケララの色鮮やかなカレー「ビーツのパチャディ 」のレシピ

beetroots pachadi

Beetroots pachadi

南インド屋でも人気の高いメニューです。

見た目でガツンと印象を与えたい、けれど、味まで奇抜では食べ残されてしまう、と悩む方はこれを作ってみてください。見た目のわりに食べやすいのです。

また、写真写りが非常に良いので、SNSにもお勧めです。

pachadiとは何ぞや、というかたは、こちらをまずはこちらを読んでください。

それでは、まずは見た目と文章でイメージを膨らませていきましょう。

続きを読む