ちょっと濃いダル「ダルタルカdal tadka」のレシピ

dal tadka

ダル、好きですか。僕は好きです。世の中では、野菜なのに美味しい、豆なのに美味しい、肉じゃないのに満足感、などと、豆や野菜を貶める言い回しがありますね。賢明なる読者の皆様はご承知かと思いますが、豆はおいしい、豆だからおいしい、なのです。とくに、このダルタルカとチャパティを合わせると、恍惚の味になりまして、それは肉の付け入る隙のない、完全なおいしさなのであります。ダル、がひきわりの豆、もしくはそれを煮込んだもの(カレー)を指します。tadkaは、テンパリングのことです。スパイスをを油で熱すること、もしくは、それを調理工程の最後に、料理に油ごとかける行為を指します。だから、ダルタルカは、タルカしたダルです。ということでレシピです。

4人分

・ムングダル——1/4cup

・マスルダル——1/4cup

・水——500ml

・トマト——1/4個(みじん切り)

・ターメリック——小さじ1/2

・塩——小さじ1/2

●タルカ用

・ギー—–大さじ3

・ホールチリ——1本(ちぎっておく)

・クミン——小さじ1

・玉ねぎ——大さじ1(あらいみじん切り)

・ニンニク——1かけ(生姜と一緒につぶして刻んでおく)

・生姜——にんにくと同量くらい

・青唐辛子——1/2本(みじん切り)

①ムングダルとマスルダルを、水でよく洗う。ごみを落とすのと、がしゃがしゃやって浸水させるため。一晩水に浸けても良い。

②鍋に、洗ったダル、水、トマト、ターメリックを入れて火にかける。沸いたら弱火。好きな硬さまで煮る。水が足りなかったら足す。20分くらいで煮えてくるで、マッシャーや泡だて器をつかって潰すとより早い。

③別の鍋にギーかサラダ油を熱して、クミンを加える。クミンの色が変わったら、ホールチリを加え、ニンニクと生姜、玉ねぎ、青唐辛子、も加えて、玉ねぎが軽く色づくまで炒めたら、ダルにじゃっとかける。

黄色がムングダル ピンクがマスルダル

洗ったら水とターメリック、トマトと一緒に煮る。何百回とやっているのに、10回に8回は吹きこぼす僕は、たぶん料理に向いていない。今回も吹きこぼした
水が減ってくるくらいで、柔らかくなっているはず。がしゃがしゃやる。
粘度が高まると、ふつふつ感が変わってくる。
鍋にギーを熱して、クミンをイン。そのあとちぎったホールチリも入れる。
ニンニク生姜、玉ねぎ、青唐辛子、などを加える
かるく色づくまで
ダルにかける
出来上がり

どんな仕上がりを目指すか

・正直言って、いろいろです。好みによって色々なのです。今回は、ちょっと粘度高め、ギー多め、というかんじです。

・いつもの南インド屋のレシピに比べると、ターメリック多めで色が濃いです。

・塩は、強くすることもできますが、ちょっと弱めにして、まろっとした味にしたほうが、それらしいと思います。

バリエーション

・家庭の数だけ、と言っても良いと思います。

・まずは、ダルの種類。6種類くらい混ぜて作ることもできるし、一つだけでも良いです。ムングダルとマスルダルは煮えるのがはやくて作りやすいです。ほかのダルは、圧力鍋がないと大変です。

・塩気もいろいろです。

・粘度もいろいろです。

・使うスパイスもスパイス色々です。つらくなってきました。マスタードシードを加えても良いし、シナモンカルダモンクローブ、という華やか系でも作れますし、ガラムマサラも使えます。あまり辛い料理ではありませんが、すこしチリパウダーを足しても良いと思います。

・トマトを玉ねぎなどと一緒に炒めても良いです。水分が多いと温度が上がりにくいので、豆と煮てしまっています。

・今回はギーを使っていますが、サラダ油でも良いです。冷めてから食べるのなら、サラダ油のほうが良いかもしれません。

どうやって食べるか

・粉ものにあいますが、米に合わないわけでもありません。このレシピ、本当に書くのがつらいです。

・これにチャパティとサブジで、いかにもインドなセットになります。

・欧米人にも受ける味だと思うので、卵とサラダとダル、それにバゲットで、良いかんじだと思います。何を勧めているんだ俺は。

2 Comments

TAKA

僕も濃いダルが好きです。
ドロドロの重いやつ最高です!

作るのが得意ではないので誰かに作っていただきたいですよー
ダルカレー専門のお店作っちゃおうかな^_^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です