スパイスへの思い入れ。副業が多彩なフェンネル

フェンネル、和名ではウイキョウですね。

南インド屋ではフェンネルティーを出していて、「フェンネルティーってなんですか?」と訊かれると、「フェンネル、和名ではウイキョウです」と格好つけて言うか、「あの、薬湯みたいなにおいのあれです」と答えるかのどちらかでした。

これで皆様に、フェンネルとはなにかが伝わっていたのでしょうか。ウイキョウ、と聞いてピンとくる方は、そもそも、フェンネルでもわかるはずで、たぶん、「ああ、あれかあ」とうなずいてくださった方の多くは、「こいつ何言っているかわかんないけど、なんか格好つけて、和名、とか言っているから、とりあえず頷いといてやるか」くらいに思っていたのだと思います。すみません、格好つけてすみません。

そういうフェンネルですが、もうひとつ、インド料理界隈でつかわれる説明がありますね。レジの横に置いてある、薄緑のあれです。もしくは糖衣のあれです。あの、消化とか口臭とかに効くらしい粒つぶです。

ほかにも、前にエッセイで書いたように、フェンネルを濃く煮だしてお風呂に入れても良いです。シナモンも、肌がきれいになる気がするので、近いうちに、南インド屋のスパイス風呂シリーズとして、売り出そうと思います。このブログは、基本的に広告は掲載しないのですが、そのうち、自社製品の宣伝が載るようになるかと思います。クリック一回で数円入るより、自分の製品を売った方がブログとしての統一感も出ると思います。それに、リンク先で、ガラクタを箱に詰めてシールを貼ったような製品が2980円で売られていたら、南インド屋として責任をとることができないので、広告は基本的に貼らないのです。あ、でも、知り合いには、粗大ごみとして捨てられている家具を白く塗りなおして、フランスのお婆ちゃんのような趣味の調度にして売っている人もいるので、難しいところです。

話がそれましたが、このように、カレー以外にも使い道のあるスパイスです。香りとして、スパイス、というより、ハーブっぽいかんじがします。草っぽい、と言っても良いかもしれません。あとは、以前お付き合いしていた、もしかしてアル中?という女性は、ゴーダチーズにフェンネルとクミンをのっけて食べていました。

南インド屋では、ゆで卵のカレー、エッグローストに入れています。あとは、塩を揉みこんだ肉を炒めた、uppu kariというのにも、フェンネルを使います。南インド屋では、それくらいですね。

南インド屋ではそうですが、南インドのノンベジでは、けっこうフェンネルをつかう印象です。レシピを色々と漁っていると、驚くほどフェンネルを効かせたマトンカレーと出会うこともあります。ん?ティースプーンじゃなくてテーブルスプーンなの?というくらいです。そこまで大量に使わなくても、ガラムマサラなどのミックススパイスには、良く使われていますね。

南インドの中でも、とくに、チェティナッドのものには、フェンネルが良く入ります。(チェティナッドは南インドなのか!?というご指摘は勘弁してください。)フェンネルとかホールチリ、カルパシ、ホールシナモンなんかを入れると、チェティナッドっぽくなる気がします。あ、カルパシは食べたことがないので、想像です。

ベジでは、たしか渡辺玲さんのレシピでは、南瓜のポリヤルにフェンネルを入れていた気がします。南インド屋では、白いベジクルマにはフェンネルを効かせていました。そういえば、ある店のラッサムにも、フェンネルが入っていました。サンバルパウダーには、普通はフェンネルは入れない印象です。入れている人がいたらすみません。

こうやって考えてみると、フェンネルは、あまり用途の多いスパイスじゃないのかもしれません。本業より副業の方に精を出しているタイプですね。

やはり、一番のお勧めは、フェンネルティーです。ちょっと薬湯のような香りですが、飲むと胃がすっきりします。食べすぎた後にとても良いです。あとは、なにかお茶が飲みたいけどカフェインは摂りなくない、というときにもぴったりです。大体誰でも飲める味なので、お客さんに出すと喜ばれるかもしれません。鍋に水とフェンネルを適当に放り込んで、沸かせばそれで出来上がりです。もっと濃くしたいときには、フェンネルを軽くつぶしてから煮だすと、より濃くなります。

そして、フェンネルティーは原価が低い!

なので、カフェ経営を考えている方は、フェンネルをはじめとしたスパイスティーは、とてもおすすめです。クミンティー、カルダモンティー、クローブティー、などなど、たぶんどんなスパイスでも作れます。おいしいかどうかは、試してみてください。まあ、たぶんフェンネルティーがいちばんおいしいです。クミンティーは、ちょっと吐きそうになる味ですが、慣れればおいしくなってきます。


わりと関連する記事を紹介します

エッグローストのレシピ

ゆで卵のカレー「エッグロースト」のレシピ

ゆで卵のカレーです。

フェンネルを入れると、エキゾチック(発音としてがイクザティク)な味になります。

デート前のフェンネル風呂

しょうもないエッセイです。デート前に、フェンネル風呂に入った、というだけの話です。

パオバジのレシピ

パンで食べる魅惑のカレー、パオバジのレシピです。

このパオバジマサラに、ちょっとフェンネルを入れています。

白くてもにょっとした味のもの

クミンティーは、ちょっと吐きそうになる味ですが、ほかにも吐きそうになる味はあります。

つきつめると、白くてもにょっとしたものが嫌いみたいです。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*