ココナッツの偉大さを知る、「春菊のトーレン」のレシピ

Glebionis coronaria thoran

春菊って、英語で書くといかめしいかんじになりますね。thoran トーレンは、ケララの料理です。ココナッツ炒めです。ポリヤルとも似ていて、重なる部分もありますが、やっぱり少し違います。ポリヤルは、語義としてはココナッツを含まないのですが、トーレンは、ほぼかならずココナッツが入ります。ポリヤルではよく使われるウラドダルは、トーレンに使われることもありますが、どちらかと言うとポリヤルっぽい食材だと思います。ケララの風ではココナッツ炒め蒸し、と表現しているように、中華鍋でじゃっと炒める、というより、蓋をして弱火で火を通すイメージです。

すこし癖のある春菊も、ココナッツをばさばさ振りかければ、急に食べやすくなる、ココナッツの強さが実感できる料理です。

(4人分)

春菊——ひと袋/180gくらい(細かく刻む)

玉ねぎ——1/4個(みじん切り)

●青唐辛子——1本(みじん切り)

●ターメリック——小さじ1/2弱

●塩——小さじ1/2

——ここまでをすべて混ぜ合わせる——

サラダ油——大さじ1

マスタードシード——小さじ1/2

ココナッツシュレッド——2/3cup(挽いておく)

・刻んだ春菊と塩、スパイス、を大きめのボールなどに入れて、良くかき混ぜておく

・鍋にサラダ油を熱し、マスタードシードを入れる。八割方弾けたら、混ぜ合わせておいた材料をすべて入れる。良くかき混ぜたら蓋をして、弱火で8分ほど蒸し焼きにする。もし焦げ付きそうであればすこし水を足す。

・全体がしんなりとしたらココナッツを加えて、良くかき混ぜてから火を止める。

 

ボールに材料を入れて混ぜる

ちょっとしんなりする

マスタードシードを弾けさせて

混ぜておいた春菊を炒める

ココナッツを加えて和える

どういう仕上がりを目指すか

・細かく切った春菊とココナッツが合わさって、そぼろっぽい見た目になります

・火の通し方は好みにもよりますが、ちょっと歯ごたえが残るくらいが良いと思います

・塩味は、あまり強くはしませんが、ココナッツが多いので、薄味にすると、少し気持ち悪いような味になります

・パラパラ、よりは、しっとりとした方がおいしいと思います

バリエーション

・カレーリーフがあれば加えても良いですが、なくても問題はありません。スパイスに関しては、クミンやホールチリを加えても良いです。ターメリックを抜いても良いです。

・ほうれん草は水が出るのでちょっと難しいのですが、蕪の葉もおいしく作れます。ほぼ見分けがつきません。

どうやって食べるか

・ミールスの一品として

・付け合わせ的に、チキンカレーと春菊のトーレンでも良いと思います

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です