玉ねぎのパコラののレシピ

onion pakora

インドのかき揚げのようなものです。フリッターの方が近いかもしれません。パコダ、バジ、などとも呼びます。インドだけでなく、ネパールでも食べられるものですね。

本来は、ベイスン(ひよこ豆の粉末)だけか、米粉を混ぜて揚げるのですが、このレシピでは小麦粉を使います。インドのみなさんごめんなさい。小麦粉はさくっとしておいしいのです。

いつもとは違う、長めの動画を作りましたのでご笑覧ください。音声付きです。

 

材料と手順

(4人分)

●玉ねぎ——1個

(1mmくらいの薄切り。玉ねぎを縦に割りそれを繊維に対して垂直に半分にする。それを繊維に沿うように薄切りにする。画像参照のこと)

●ベイスン——1/2cup

(ひよこ豆の粉末です)

●薄力粉——1/2cup

●青唐辛子——2本(みじん切り)

●ターメリック——小さじ1/4

●チリパウダー——小さじ1/4

●コリアンダーパウダー——小さじ2

●塩——小さじ1/2

●水——1cup

●クミンシード——小さじ1

●フェンネル——小さじ1/2

①玉ねぎ以外の全ての材料をボールに入れ、良くかき混ぜる。そこに薄切りにした玉ねぎを加えて、良くかき混ぜ、15分ほど置いておく。

②180℃くらいに熱した油で揚げる。大さじくらいの大きさのスプーンに、少しずつとって、油の中に滑り込ませるようにして揚げる。ひっくり返しながら、全体が濃いきつね色になるまで揚げる。

スプーンにとって、油の中に滑り込ませる

 

玉ねぎのパコラのポイント

・サクッとした食感が身上です。あまり厚くしすぎず、しっかりディープフライにしてください。

・この料理は、塩をすこしでも入れすぎると、不思議と塩辛くなります。塩は、少なめ少なめです。

・見た目としては、こげ茶色、かつ、玉ねぎの一部が焦げて黒い線が入るようなのが、おいしそうです。

こういう作り方もあります

・小麦粉は使わず、ベイスン100%か、小麦粉でなく米粉を使うのが正統です。ただ、ベイスン100%は、重たくて固いです。米粉を使うとクリスピーになります。

・生姜のみじん切りや、カレーリーフ、パクチーを入れてもおいしいです。

・スパイスは、何も入れないで作ることもできます。ターメリックやコリアンダーパウダーは、入れない方が一般的かもしれません。お好みでどうぞ。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*