マニアック料理教室について

マニアック料理教室をやります。

概要

南インドのミールス、チャイ、ビリヤニ、を基本とした、かなりマニアックな内容の料理教室です。実演型の教室です。作ったものを最後に食べるので、どのように味が構成されているかを把握しやすくなります。

開催日時とメニュー、参加費用

日曜日の 13時から15時まで

不定期開催になりそうなので、スケジュールをご確認ください。

4月15日(日)『ピーナッツ・カシューナッツ・ゴマ・ポピーシード・ココナッツ 5つのコクだし材料により変化するベジコルマを楽しむ会』

ベジコルマ、というのは、リッチな味の野菜カレーのことで、色々な作り方があります。多くのベジコルマは、ナッツ類などでコク、油分を強めにします。5つのコクだし材料が、それぞれどんな味かを確かめ、その上で、それらをブレンドし、おいしいベジコルマの構成を探ります。ビリヤニをよりあっさりさせた「プラオ」というものをご用意しますので、それと合わせて、どんどん試食してもらいます。

参加費用 3500円 

4月22日(日)『ケララっぽいミールスを作っているのを見て、それから食べる会』

サンバル、ラッサム、トーレン、などを、私がぺらぺらとしゃべりながら作ります。実際に作っているのを見たら意外と簡単だな、これなら自分でも作れるな、次は自分で作ろう、と感じて頂くための会です。いわゆる実演型の料理教室です。今回は、ケララ寄りのミールスで、ココナッツがふんだんに使われています。かなりマニアックなメニューとなっていますので、ご期待、ではなくご注意ください。集えココナッツ好き!

・サンバル(すこし酸味の効いた、野菜と豆のカレー)

焦がしココナッツと数種類の野菜が入った、ちょっとごった煮風味の、ケララっぽいサンバル。

・ラッサム(スープ状のスパイシーなカレー)

あまり酸味を強くせず、さらっとした仕上がりにします。

・トーレン(野菜のココナッツ炒め蒸し)

細かく切った野菜を、ココナッツと一緒に炒めます。どの野菜で作るかは、4月に入ってから決めます。すみません。

・冬瓜と小豆のオーラン

リンク先のレシピでは南瓜でつくっていますが、より一般的と思われる、冬瓜と小豆の組み合わせです。なんだこのもやっとした味の物は!?でもなんだかうまいぞ?という驚きがあります。

・トマトのカーラン

ケララの風を真似してトマトで作ります。スパイシーなヨーグルトココナッツ和え、のようなものです。もしゴールデンキウイが間に合えば、ゴールデンキウイをつかいます。

・ココナッツチャトニ(ココナッツと青唐辛子を使ったペースト)

 

以上6品目を作ります。それに細々した物を足して、ミールスにして食べてみます。お腹を空かしていらしてください。作るものは変更になることもあるかもしれませんので、ご了承ください。

参加費用 3500円

 4月29日(日)『チキンカレーを食べて、そのあと鰹節と揚げ野菜を加えてスープカレーにしてもう一度食べる会』

もう一度やります。チキンカレーを作って食べてみた後に、それをスープカレーにしてもう一度賞味する会です。スープカレーはどうやってできているのか気になる方は、ぜひいらしてください。チキンカレーは、クミンライス、というクミンと炊いたバスマティライスで食べます。スープカレーは日本米とです。

東京のあるスープカレー店の方から、東京だったら本当に困ります、と苦言を呈された(?)企画ですが、内容はいたってまじめです。

参加費用 3500円

 

5月6日(日)『基本の南インド屋ミールス  5月版~やや春の香り~』

南インド屋のレシピに則った、基本的なミールスを作って食べる会です。基本の三種類である、ダル、サンバル、ラッサムは固定とし、他のメニューは月替わりとします。いわゆる実演型の料理教室です。作ったものを最後に食べますので、14時半くらいにお腹が空くよう調整してきてください。

・ダール Dal

緑豆の挽き割りをつかった、優しい味のカレーです。トマトと青唐辛子を加えただけの、シンプルな構成です。

・茄子、オクラ、冬瓜のサンバル Sambar

挽き割りの豆と野菜をつかった、すこし酸味のあるカレーです。南インドの代表的な料理です。その中でも、玉ねぎやトマトを使わない、さらっとした味に作ります。

・簡単なラッサム Rasam

スパイシーなスープ状のカレーです。豆とスパイスを挽いたものを煮出して、漉せばそれで出来上がりです。簡単です。自宅での再現性も高いと思われます。

・人参のポリヤル carrot poriyal

人参のココナッツ炒めです。細かく切ることで、味、食感、写真映え、が良くなります。

・キウイのパチャディ kiwi pachadi

キウイのココナッツヨーグルト和えです。デザートのようですが、これもご飯と食べます。甘酸っぱくておいしいです。

・菜の花のチャトニ keerai chutney

菜の花のペーストです。緑色です。ミールスを食べ進めていく途中で、味を変えるような、アクセントとしてつかうようなものです。

参加費用 3500円

5月13日(日)『パンで食べるカレー パオバジとマサラチャイ』

パオバジPav bhajiという、パンチの効いた野菜カレーとパンの組み合わせです。これとマサラチャイの組み合わせは、世界人口の85%以上が『とても好き』と答えます(当社調べ)。野菜カレーは鉄板を使って作りますが、それは演出効果のためですので、ご自宅ではふつうの鍋で作ることができます。ざっくりレシピはすでにありますが、ざっくりですので、味を確かめたい方にもおすすめです。

参加費用 3500円

5月20日(日)『生肉から炊くおそらく最高難度のハイデラバード風ビリヤニ』

ビリヤニ、というのは、肉とバスマティライスをつかった、スパイシーなピラフのようなものです。今回は、チキンで作ります。生肉から炊くので、失敗の多いビリヤニです。実はそこまで難しくもないのですが、敷居が高いです。米がふわぱらっとして、肉もジュ―シィなビリヤニになる筈ですが、一発勝負のため、すこし緊張します。

ビリヤニと一緒に供されることの多い、バガラベインガンという茄子のカレー、それとヨーグルトサラダのライタも作ります。

チキンビリヤニ

バガラベインガン

・ライタ

参加費用 4000円

5月27日(日)『基本の南インド屋ミールス  5月版~やや春の香り~』

南インド屋のレシピに則った、基本的なミールスを作って食べる会です。基本の三種類である、ダル、サンバル、ラッサムは固定とし、他のメニューは月替わりとします。いわゆる実演型の料理教室です。作ったものを最後に食べますので、14時半くらいにお腹が空くよう調整してきてください。

・ダール Dal

緑豆の挽き割りをつかった、優しい味のカレーです。トマトと青唐辛子を加えただけの、シンプルな構成です。

・茄子、オクラ、冬瓜のサンバル Sambar

挽き割りの豆と野菜をつかった、すこし酸味のあるカレーです。南インドの代表的な料理です。その中でも、玉ねぎやトマトを使わない、さらっとした味に作ります。

・簡単なラッサム Rasam

スパイシーなスープ状のカレーです。豆とスパイスを挽いたものを煮出して、漉せばそれで出来上がりです。簡単です。自宅での再現性も高いと思われます。

・人参のポリヤル carrot poriyal

人参のココナッツ炒めです。細かく切ることで、味、食感、写真映え、が良くなります。

・キウイのパチャディ kiwi pachadi

キウイのココナッツヨーグルト和えです。デザートのようですが、これもご飯と食べます。甘酸っぱくておいしいです。

・菜の花のチャトニ keerai chutney

菜の花のペーストです。緑色です。ミールスを食べ進めていく途中で、味を変えるような、アクセントとしてつかうようなものです。

参加費用 3500円

 

 

申し込み方法

下記のいずれかの方法にてお申し込みください。

お申し込みフォームからの申し込み

facebookページのメッセージ

Twitterのメッセージ

お申し込みの際は、下記の要領でお知らせください。

○お名前

○参加する日時

○連絡先の電話番号

○その他ご要望など

お支払方法

当日現金にて頂戴いたします。宜しくお願いします。

場所

地下鉄東西線 新さっぽろ駅

JR 新札幌駅

から徒歩6分程度の場所です。一般住居ですので、参加される方に詳細をお知らせします。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*