雑記2018/12/20「坊主フレンドリー」「お金を使えない」

2018/12/20

●坊主フレンドリー

大通りの駅につながる本屋に入って階段をのぼった。ドン・キホーテはなぜ強いか、というような本があって手に取ろうかと思った。天井からごうごうと風が吹いて、じかに頭に吹きかかる。ものすごいストレス。この本屋は坊主フレンドリーじゃない。

●お金を使えない

多分僕はケチじゃなくて、ひとのために使えるほうだと思う。たぶん。でも、自分のこととなると、使えないことがある。今日、街中でひとを待っていた。プルプルに行こうと思って待っていた。僕の友人。プルプル友達、略してプルとも。外に出て、寒かったからカフェに入ろうかと思った。病み上がりっぽいかんじだし、仕方ない、と思った。ドトールにするかと外に置いてあるメニューを見た。血糖値が下がっている。コーヒー一杯では済まない。ミラノサンドを10年ぶりくらいに食べるか、ミルクレープか。500円はする。ものすごく勿体なく感じた。人といて、カフェに入るなら、勿体なくない。ひとりで、入りたいわけでなく仕方なく、ドトール。血を吐くほどもったいないなと思いやめにした。血糖値は依然下がっている。健康診断で唯一注意されたのが、空腹時血糖値が低いこと。気をつけてねマークがついていた。一駅歩くか、と寒空の下を歩いて、やっぱりどこかに入ろうか、いやいや駄目だ、を繰り返して結局一時間近く外にいた。札幌はもうすごく寒い。あ、このままだと風邪ひく、と思ってはじめて、ローソンの150円のカフェオレを買って砂糖を入れて飲んだ。泡っぽかった。これならぎりぎり出せた。正直、悩んだけど。お金がないのではない。遊ぶお金くらいはある。ちゃんと稼いでいるときも同じだったからそういう問題ではない、はず。たぶん。なんだろう、根本的にはケチなのかもしれない。そうなんだろうか。わからない。

●ケチ、細かい、粘着質、尊大、横暴、自信家

南インド屋のブログから読み取れる僕の性格。どれも否定はできない。ちがった。そんなことないよ!ベッキーだよ!

●あなたのためには働けない

あなたを家族だとは思えない!あなたのために働く気にはなれない!と奥さんが夫に言った若い夫婦が知り合いにいて、でも今でも離婚はしていない。僕はそれを直接聞いていた。その発言がありなら何でもありだよな、と思った。仁義なき結婚。

●練度が違う

1:39くらいからのシーン。シュート練習。メッシ、コウチーニョ、は体を強くたたむ。スアレスは畳みつつも腕は残す。多分ファーへのシュートをぎりぎりまで残すため。ピケは上体が浮いているのは、センターバックだからか。なんとなく、浮き球のパスのフォーム。実際の試合でどうかは置いといて、ウムティティの方がシュートは入りそうなフォーム。体格も良いしいかにも運動能力が高そう。そしてデンベレ。他の人とはフォームが違う。左右の偏りの少ないフォーム。でもクリスティアーノロナウドとは練度が違う。もしかしてシュートフォーム固まってない?僕の仲間?一発目をふかして笑ってるものね。一緒に練習していこうな。怪我治すから待っててくれな。

https://youtu.be/HhiB4FU5Um8?t=97

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です