南インド料理を始めるときに欲しい3つの道具

南インド料理を作るうえで、あった方が良い3つの道具について、解説をしていきます。

3つというのは、ミキサー、スパイスミル、圧力鍋、です。包丁や鍋についてはこちらのコラムでも書いてありますので、ぜひ読んでください。

①ミキサーについて

料理好きであればミキサーは持ってると良いかと思います。南インド料理でもよく使います。初めに用途を示して、そのあと、おすすめの製品を紹介します。

ミキサーの用途

パワーの必要性を昇順に並べています。一番上が一番柔らかいものです。一応Levelで分けましたが、これは目安と考えてください。一番安いミキサーでもワダは作れますし、逆に、バイタミックスでもワダは作れない、とも言えます。

Level 1 小型ミキサーでもなんとかなる 

・トマトや玉ねぎを炒めたもののペースト(チキンカレーなど)

・ニンニクと生姜のペースト

・ゆでた野菜のペースト

・チャイ用の生姜とスパイスのペースト

Level 2 高性能ミキサーが必要になってくる

・かためのチャトニ類(ココナッツチャトニ、茄子のチャトニ、など)

・ココナッツペースト(南インド料理では、ココナッツペーストを多用します)

Level 3 バイタミックス登場

・ワダやドーサなどのティファン

・なめらかなココナッツペースト

・大量のガラムマサラづくり

Level 4 ウェットグラインダーの独擅場

・インド人がうなるくらいのワダ、ドーサ

・完璧になめらかなペースト、チャトニ

・ココナッツ削り

どんなミキサーがあるか

一番良いのは、バイタミックスです。ただ、平気で8万円くらいはするので、もうすこし安いものも紹介します。

①小型ミキサー(2000円~8000円程度)

小さめのミキサーです。スムージーブームに乗って、色々な商品が出されていますが、安いミキサーはパワーが足りず、安全装置がすぐに作動して、いらいらすること請け合いです。そして壊れやすいです。できれば、7000円程度のものを買うと、料理が捗ります。

また、ミル付きミキサーであれば、次に紹介するスパイスミルは必要なくなるので、おすすめです。ということで、ここでは、タイガーのものをおすすめします。

品名—ミル付きミキサー SKS-G700(タイガー魔法瓶)

実勢価格—7000円程度

このミキサーに過度な期待はしないでください。安全装置がついているのと「硬いものをつかっちゃだめよ」という、腰の引けた但し書きがありますので、粘度の高いココナッツペーストを作ったり、豆を挽いたりするのは、メーカーの想定外ですので、ご了承ください。

【画像引用元:tiger.jp/front/productdetail/confirm?productId=SKS-G)】

②高性能ミキサー(1万5000円以上)

ある程度の出費が許せるのであれば、安いものでなく、このランクのミキサーを買うことを強くお勧めします。panasonicやRusselhobbsのものは、容量が大きく使いやすいのですが、パワーは安いものとそれほど変わりません。なので、ここではツインバードのものをお勧めします。

品名 —パワフルミキサー(ツインバード工業)

実勢価格— 1万6000円程度

このミキサーは、この価格帯では2017年現在もっともパワーがあります。ただ、やはり、日本製の限界か、安全装置つきで、硬いものを挽くのはメーカーの想定外です。プロでなければ、性能的にこれで十分です。あ、スムージーも作れるらしいです。

【画像引用元:twinbird.jp/products/kc4859.html】

バイタミックス

品名—バイタミックスTNC5200

実勢価格—9万円程度

ちょっと高すぎるので、おすすめしにくいのですが、やはりこれが一番です。半端じゃなく高価ですが。

S30という、少しだけ安いモデルもあるのですが、ぜひ大きい方を買いましょう。バイタミックスを買おうなんていう酔狂な方は、置くスペースがとか、一万円の差が、なんて野暮なことを言ってはいけません。

バイタミックスなら、かなり負担はかかりますがワダも作れますし、なにより、耐久性が高いです。もし、プロか、セミプロくらいにがんがんミキサーを使うのであれば、買っても良いとは思います。ただ、繰り返しますが、基本的にはツインバードので十分です。あ、バイタミックスも、おいしいスムージーが作れるみたいです。

④ウェットグラインダー(番外編)

ワダやドーサを作りたい方は、買っても良いかと思います。ゴウンゴウン、と重みのある石臼が回転します。

アジアハンターで取り扱っています。電話をすれば、早急に仕入れてくれるはずです。

型式やレートによっても違いますが、3万5000円程度で買えます。また、ワダやさんをはじめたい方用に、大型のものもあるそうです。

動画は、南インド屋所有のものです。

 

ミキサーまとめ

まずは7000円のミキサーで十分だとは思います。本格志向の方は、ツインバードの1万5千円のものをつかってください。

そして、バイタミックスを買う際は、よくよく考えて買ってください。僕はまったく後悔していませんが、趣味程度でインド料理を作る方が、気軽に買う類のものではないと思います。いや、ほんとに、すごく良いミキサーなんですけどね。車はやっぱりベンツだよね、という考えの人は、買っても良いかもしれません。

フワさくのワダを作りたい方には、ウェットグラインダーがお勧めです。

②スパイスミルについて

スパイスミルは、スパイスを粉末にするときにつかいます。まず、ミキサーをミル兼用のものを買った方は、別にスパイスミルを買う必要はありません。

ここでは、ミルサーと呼ばれるものをおすすめします。画像は貼りませんが、山善TESCOMの、安いもので十分です。3000円くらいです。どちらも、ミキサー機能がついていて、先に消化した7000円のミキサーの廉価版です。

また、これは強くお勧めするわけではないのですが、こういうものもあります。

 

これが、とても使いやすいです。石でできていて重みがあり、良い具合につぶれます。胡椒であれば、完全な粉末状にすることもできますが、カルダモンなんかだと、粉末状にはできません。類似のもので、アジアハンターのこのようなものもあります。

いいですねえ。実にいいですね。

すこし紙面を割いて、こういうマサラつぶしについて語らせてください。

おそらく、いちばん味と香りが良いのは、こういう手動のものです。ミキサーは、熱を持つからなのか、空気に触れるからなのか、香りが飛んでしまいます。料理をするうえで、電動のミキサーは非常に便利ですし、均一に仕上げることもできるので、本稿では電動のミルをおすすめしていますが、心の中では、こういうレトロなものが大好きです。

とくに、重みのあるものが良いです。包丁は大きい方が楽に切れるのと同じで、石臼も、重いものに限ります。置き場所とか取り回しとか、そういう野暮なことは言ってはいけません。スチール製のものも良いのですが、やはり重みがない分、手の力がけっこう要ります。

実際、にんにくとと生姜をこれでつぶして使うと、とても良い香りがします。ニンニクには包丁は入れない方が良いとも言いますし、繊維を断ち切りすぎないのが良いのかもしれません。

ということで、電動のミルは持ちつつ、台所の片隅に、こういうマサラ潰しがあると、幸せな気分になります。余談でした。

スパイスミルまとめ

難しいことは考えずに、TESCOMや山善の安いミルサーを買うと良いかと思います。

こだわり派のあなたには、石製のものをひとつ持つことをおすすめします。

③圧力鍋について

圧力鍋についても、とくに難しいことは言いません。安いもので十分なのですが、2点、述べておきます。お店やamazonで、安いものを買えば十分です。みんな大好きパール金属で問題ありません。

圧力鍋の用途

豆を煮る!

たまに肉も煮ます!

以上!

サイズについて

家庭用であれば、3.5Lで十分です。2.5Lだとすこし小さいです。

トゥールダルを煮ると、吹きこぼれやすいので、10人分くらいを作りたい方は、5L以上のものを買うことをお勧めします。

底の厚みについて

安い圧力なべの中には、ぺらっぺらの底のものもあります。豆は少ない水分で煮ると焦げ付きやすいので、ある程度の厚みのあるものが良いです。単層構造でなく、重層構造のものがお勧めです。

 

以上、ミキサー、スパイスミル、圧力鍋、の3つがあると、南インド料理を作るうえで便利です。できれば3つとも揃えてください。


わりと関連のある記事を紹介します

料理についての、もっと基本的なこと

どうやっておいしい料理を作るか、ということを、

包丁やまな板などの道具と、考え方について述べています。

インドの豆について

トゥールダル

圧力鍋は、豆のためにあります。

どんな豆があるか、このコラムを読んでみてください。

美味しい目玉焼きの焼き方

目玉焼きに胡椒をかけるときは、上の石臼で挽いています。

良い香りがします。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. マキノ チエコ より:

    興味深く読ませていただきました。スパイスグラインダー、わたしもいつか欲しいと思っています。確かインドネシアとかには石でできたもの(中がゴツゴツしているもの)がたくさん売ってあると聞いた気がします。私はミキサーもミルサーも持ってなくて、すり鉢はありますが・・・スパイスにはちょっと厳しいですね。ミキサーは目をつけているものがあって、ブラウンから去年出た、10000円位(もう少しするかな)のやつです。ただ、この価格帯だとメタルドライブではない(この商品はプラスチックのドライブ)だそうで、どうしようかなと思っています。ツインバード、いいですね。でもやっぱり上から棒で押しながらバイタミックスを使ってみたいですね。保証が日本では効かないけれど、アメリカのアマゾンから直接買うといくらか安くなると思います。修理のたびにアメリカに送るのは手間ですけれどね。圧力鍋は、楽天のキッチン用品の店などで、ドイツ製のものなどよくセールになっているのを見ますが、家にあるのは安いワンダーシェフです・・・まず、ミキサーを置く場所を確保しないとですね。(独り言)こういう記事にはつい反応してしまいますが、器具以外のお料理やその他のこだわりについて、また書いてくれると嬉しいです。

    ちなみに、私は菜食のレシピ本(主に英語の)を近年何冊か買ったのですが、やはり、「ブレンダーはキッチンエイド以上のものを使ってください」という指示が多いですね。やっぱり、バイタミックスとかブレンテックが出てきてから、時代は変わりましたね・・・そういうのを持っているという前提で書かれた本とわかっていれば買わなかったのですが。あと、海外の料理本は分厚いのがデフォですよね、本棚から取り出すのが時々億劫です・・・且つわたしはジプシーなのでいろんな本のレシピに手を出すものの、大してうまくならないのです。今はケトジェニックダイエット(ケトン体食事療法)に興味がありますが、制限が厳しくて結構泣けるものがありますね・・・(涙)

コメントを残す

*