食物繊維だらけのココナッツカレー「アヴィアル」のレシピその1

アヴィアルのレシピ

Avial

ミールスの定番です。これがあると、ミールスらしくなります。

ただ、定番過ぎるらしく、以前、インドはチェンナイからのお客様に出したところ、「いまどきアヴィアル出すとこなんて、インドではめずらしいよ」というようなことを仰っていたような、気もします。インド人の、猛烈なご飯お替りコールに消耗していて、記憶が定かでありません。話半分ですね。インド人と南インド屋の話は、怪しいものが多いです。

そんなアヴィアルですが、冷蔵庫に入っているものでも作れそうです。人参インゲンじゃがいも、ありませんか。インゲンは冷凍でも大丈夫です。紹介するレシピはもう少し野菜を入れますが、組み合わせは何でも良いです。

Avialは、調理法でなく、Avialと言う名前の料理と考えてください、つまり、じゃが芋と人参のavialというよりは、じゃが芋と人参を使ったAvial、というほうが正確です。

それでは、まずは見た目と文章でイメージを膨らませていきましょう。

アヴィアルってどんな味?

派手な味ではありません。野菜の味がベースで、それを引き立てるような、酸味と塩味がします。塩味を強くつけるとアヴィアルらしくないので、酸味のほうが塩味より前に出るくらいが良いです。

ココナッツの甘みと青唐辛子の辛み、それに、マスタードとカレーリーフの香ばしさが加わります。

スパイシーなカレーではありません。クミンがすこし効いています。

汁気はほとんどありません。カレーというよりは、ほとんど、和え物、といった見た目です。

材料と手順

(5人分)

●人参——–1本

●じゃが芋——–2個

●インゲン——–ひとつかみ

●南瓜——–100g

●茄子——–1本

(野菜はすべて、3cm×3mmの拍子切りにする)

●ココナッツペースト用(ミキサーで粗めのペーストにする)

○ココナッツシュレッド——–2cup

○青唐辛子——–4本

○クミン——–小さじ2

○ヨーグルト——–1cup

○水——–1.5cup

●塩——–小さじ1.5

●レモン汁——–大さじ1

●ターメリック——–小さじ1/2

●テンパリング用

○サラダ油——–大さじ1

○マスタードシード——–小さじ1

○カレーリーフ——–10枚

1.野菜を下茹でする。自信のある方は、沸かした湯に、順次投入して一度に下茹でしてください。そうでない方は、それぞれを、8割くらいに茹でて、ザルにあげる。余熱で火が通るので、すこし硬めにする。

2.大きめの鍋にココナッツペーストを入れ火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止める。塩、レモン汁を加えて良くかき混ぜる。小皿などで、ターメリックとサラダ油小さじ1(分量外)をよくなじませて、鍋に加える。これで色と味の付いたココナッツペーストが出来上がる。

3.下茹でした野菜をココナッツペーストの入った鍋に入れて、よくかき混ぜる。テンパリングをする。別の小鍋にサラダ油を熱し、マスタードシードを入れ、弾け始めたら、カレーリーフを入れて火を止める。ざっとかき混ぜてカレーリーフに火を通したら、カレーの入っている鍋にジャッとかける。最後に味を見て、足りなければ塩をとレモン汁を足す。

%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%ab%e6%9d%90%e6%96%99

野菜を切って茹でれば、ほとんど完成です

aviaru

粗めのペーストにします

TIPS

・ちょっと塩が足りないかな、くらいで止めて、あとはレモン汁を足して味をまとめると良いです。味を決めるのがすこし難しいカレーです。

・ターメリックは、入れなくても構いません。面倒だったら省いてください。ただ、ターメリックを入れないと、白和えのような見た目になります。

・熱々で食べるものではありません。冷めてから食べます。なので、あまり野菜を硬く茹でると食べにくくなります。また、時間がたつと野菜が水を吸うので、もし口当たりが悪いくらいにぱさぱさになった時は、すこし水を足してかき混ぜてください。

・ココナッツペーストは、画像より粗く挽いても良いです。ザクザクとした食感も楽しいです。

 

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*