明治THE chocolateとmorozoffのチョコ

バレンタインデーには、チョコを贈るものですよね。

バレンタインデーと言えば、小学生の頃に、話したことも無い女子が「やしまくんと一緒にカラオケに行った。やしまくんのおかあさんも一緒に。そしてこのティンカーベルのキーホルダーをくれたの」と吹聴し、そして僕にロイズのアーモンドチョコをくれました。勘弁してくれよ、と思ったけど、そのチョコレートは実においしかったです。アーモンドがこれでもかと入っていて、チョコも濃厚で、2017年現在の同製品と比べると、隔世の感があります。昭和は遠くなりにけり、世界的な原料高なのですね。

けれど、ちょっと前に発売された、明治の「THE chocolate」シリーズはおいしいですね。チョコレート心が満たされます。これの青いパッケージの70%のものでチョコレートドリンクを作ってもらったのですが、幸せな気分になる味でした。おすすめです。どっしりとして、いま!チョコを溶かしたのを飲んでる!というかんじです。普通の明治の板チョコの2倍くらいの値段ですが、jupiterで海外の製品を買うより、安いし美味しい気がします。明治、すごいですね。

いま読んでる、ダイエーの元会長中内功の評伝、と言うのでしょうか、「カリスマ」(新潮文庫/佐野眞一著)という本にも書いてありましたが、ダイエーがこうなった理由は色々あるけど、「安ければ商品は売れる」という考えが通用しなくなっている、世情の変化はあると思います。まあ、そうですよね。世は本格志向、とはこのブログでも繰り返している気がしますが。

吉野家の豚汁は美味しいし、明治のチョコレートは美味しいし、リンガーハットのちゃんぽんもおいしいし、大戸屋のチキン母さん煮もおいしいです。良い世の中です。

僕の手元にもう一つ、morozoffのチョコがあります。おいしいか、と訊かれると、うん、morozoffの味だね!と答えるような味です。maryのチョコと同じ味です。いや、おいしいんですよ。ただ、なんというか、古いのだと思います。昔のチョコレートの味です。すごく立派な箱に入っていて、もらうと、ずしりと心にきます。

明治のTHEchocolateも、morozoffのチョコも、同じくチョコレートという商品なのですが、味と値段のバランスを考えると、大きく差があります。収益構造も、違う業種なの?というくらいに違うのではないかと勝手に想像します。

さて、明治とmorozoff、この二つはなんでこんなに違うのか、というと、こういうことだと思います。

「食べる人とお金を払う人が同じ」と「食べる人とお金を払う人が違う」と分類できます。つまり、御遣いものと自家消費用ですね。

自分のお金で、自分で食べるために、morozoffのチョコを買う人は、どれくらいいるのでしょう。自分の財布を開いて、morozoffのチョコを買ったら、きっとがっかりすると思います。GODIVAのチョコは、不味いと思います。より高くて、よりまずいのですね。金返せ、と僕なら言いたくなると思います。ただ、前のコラムにも書いた、心の中のまる子を喜ばせるため、という買い方であれば、大喜びですね。わー、チョコだー。

実際は、morozoffやGODIVAのチョコは、食べる人はお金を払わない場合が多いので、口に運んで美味しくなくても「ふーん、こんなもんか。きっと高かったんだろうなあ。自分では買わないけど、もらったんだからいいかあ、もう一個たべよーっと」となりがちです。

だから、高いわりにおいしくなくても許されるのでしょう。包装さえ、綺麗であれば。

逆に、御遣いものに、明治のチョコをつかうひとはいるでしょうか。明治のTHEchocolateをもっていくと、よっぽどお互いの好みを知っているのであれば別として、手土産としてはあまり機能しないと思います。いや、僕はもらったら嬉しいですけどね。

(中国人のお土産に、日本のお菓子が人気らしいので、それを考えると、この分類はすこし崩れます。ここでは日本の話をします。)

morozoffのような、「食べる人とお金を払う人が違う」御遣いものだから美味しくなくても許される、という商品は、他にもたくさんあります。お菓子に限らず、観光地のお土産(ハワイのマカダミアチョコはまだ美味しい方だと思います)の大体がそうですし、そして残念なことに、飲食店にも、たくさんあります。

鮨屋、てんぷらや、鉄板焼き、炉端焼き、高級焼肉、などなど。また、程度の差こそあれ、デートに使いたくなる店やお洒落カフェ、居酒屋全般もそうかもしれません。これらは、自分のために、自分のお金で行くお店では無いのだと思います。だから、「あれ?高いわりにあんまり美味しくないな」と思っても、文句をつける人はあまりいないのです。居酒屋で4000円使うのって、勿体なくない?と下戸の僕は思います。

わかっております。高級焼肉はたしかにおいしいです。ミクニのフルコースは、幸せな気分にはなります。おいしい鮨をつくるのにはお金がかかることも、そういう味を残すために、作る人とお金を払う人が一定数いないと、文化としての多様性が失われることも、わかっております。

お洒落カフェにはお洒落カフェの良さがあるし、下戸にはわからない世界があるのでしょうし、決めてやる今夜のために素敵な店に行きたい場合もありますし、味が器と雰囲気で大きく変わってくることもわかっております。そもそも、お金を沢山つかえるのなら、また話は違いますよね。

ただ、世の中のお金の回り方として、そういう虚飾や雰囲気や人付き合いに使う部分が、多すぎやしませんか?と、ロイズの変わってしまった生チョコを前にして思うのです。

ロイズは、御遣いものと自家消費用、立ち位置として微妙なところです。それを、御遣いものがわに舵を切ったのだとみています。もし、もうすこし自家消費用にお金が回ってくる社会であれば、味を保てたかもしれません。アーモンドが減らずに済んだかもしれません。そう思うと、悲しいのです。

美味しいものを作ろうとしたときに、その原資を、味を求める層からでなく、味に添加した「良い雰囲気」や「高級さ」、「包装の綺麗さ」を求める層の出すお金に求めなければいけない社会は、歪んでいると思います。美味しいお鮨を作るなら、材料代と人件費を上乗せした価格で出せばいいじゃん、それをみんな食べに行けばいいじゃん、と思うのです。雰囲気代はほどほどにして欲しいのです。

話を元に戻すと、明治のTHEchocolateとmorozoffのチョコ、僕が好きなのはTHEchocolateです。そして、どうやらこれが、売れているみたいですね。やったぜ!

世は本格志向、と信じております。だから、こういうチョコレートを食べると嬉しいのです。きっとこれからは、こういう、「自家消費用のおいしいもの」が増えていくと思います。そんな時代になった時に、南インド屋がその一翼を担うことが出来ればよいなあ、とぼんやり考えております。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. マキノ チエコ より:

    バレンタインにチョコを贈る・・・というのは最近では大分廃れてきたと聞きます。個人的にはなくなってもいいんじゃないかなって思います。自分にチョコレート買うのに、バレンタインじゃないといけない理由はないですし、そもそも、バレンタインが愛情を表現するための日だったとしたら、チョコレートでなきゃいけない理由はないですし。

    そういえば何年か前にデパートでアオキサダハルさんのチョコレートを5つ位振る舞われました。イベントだとはいえ、大盤振る舞いですよね。でも、アオキさんの離婚話とかシモネタとかが痛々しくてあまり味わえませんでした。(本人が舞台の上でチョコの説明などをしていた)なので、楽しく食べるのには、明治のThe chokolate で十分かもしれないですが、不幸なときにはここぞとばかりに、いろいろな誘惑にのめり込んでしまうのもあるかもしれないな~と思います。そういうときはラミーとかバッカスではなく、フランスとかベルギーのボンボンが食べたくなるかもしれません。

コメントを残す

*