緊急コラボ企画「六花亭 蒸し栗モンブランとスパイスティー」

はじめに

六花亭のお菓子はおいしいです。店に入って目をつぶって、適当に手でつかんだものを買って食べても大丈夫、だいたいはおいしいです。手に掴んだのがマルセイバターサンドだったら、みなさんニッコリだと思いますし、なにこれ? 『豊平』? 名前ダサくない? みたいなものが驚きのクオリティであることも、珍しくはありません。すごいのです、六花亭は。

以前、六花亭のお菓子を紹介する記事をいくつか書きました。飽きてやめました。なぜ飽きたかというと、お金にならないからです。南インド屋は、レシピをブログで公開しながら料理教室をやっていて、半年ほど前にスパイスショップを始めました。六花亭のすばらしさをいくら熱心に説いても、「そうか六花亭は素晴らしいのか、よし南インド屋の料理教室でビリヤニを習おう」「六花亭のお菓子を買おう!南インド屋のスパイスも一緒に買おう!」とはならないのです。トリクルダウンはそう都合よく起こらないようです。それで、書くのをやめました。そうだ、政治が悪い。

いまここに、非公式スポンサー活動(ただ買って食べる)と、自分の売り上げを両立させる記事を始めます。昨日、六花亭のケーキを食べながら、自分の作ったスパイスティーを飲んでいて思いつきました。マリアージュだ、と。全国的な知名度を誇る六花亭の紹介をしつつ、自分の商品の紹介をyoutubeのCMよろしく挿入しよう、と。さあ、はじめます。

『蒸し栗モンブラン』280円(税込)

サイズ比較のためのアロハサイン(なにもわからない)

 

商品名:蒸し栗モンブラン

価格:280円(税込)

販売時期:おそらく10月から、たぶん11月中旬くらい

販売店舗:デパートの中に入っている店じゃない 独立店舗(札幌本店除く)

味の評価:とてもおいしい

構成

柔らかめのスポンジの間に挟まっているのは、粉砕した栗のクリームです。その上に生クリームと、モンブランのモンブラン部分が重ねられています。頂点は蒸し栗です。

栗クリームについて

wikipediaによると、モンブランはもともと、マロングラッセをつぶしてクリーム状したものを使うそうです。おそらく、六花亭のものは違います。六花亭のモンブランは、マロングラッセを通過しない、ダイレクト栗ペーストです。推測なので、違ったらごめんなさい。マロングラッセを使っていないため、クリームがねっちょりしておらず、「このもにょもにょはなんだろう?増粘多糖類か?かさましか?」という疑念が生まれません。甘すぎもせず、ほっくりしています。ダイレクトに栗感がして、贅沢です。『蒸し栗』という見慣れない語を冠しているのは、うちのはマロングラッセじゃありませんで、という意味合いなのだと私は受け取ります。この時期、六花亭では栗をつかった商品をいくつか展開しているので、大量に栗を仕入れて、栗ペーストを作っているものと思います。チャーリーと栗の工場です。帯広にあります。

甘みについて

田舎の食べ物はしょっぱくて甘いと言います。北海道は田舎なので、つまり北海道のお菓子は甘いです。ちなみに北海道では、赤飯に甘納豆が使われることもあります。すごいですよね。六花亭のお菓子も北海道菓子の例にもれず、甘みが強いのだと思います。ところがこのモンブランは、甘さは強くありません。クリームと栗が多いためそう感じないのかもしれませんが、甘みが強いケーキ、の範疇には入らないと思います。

価格について

そもそも、六花亭が生ケーキを作っているのを知らない人が多いかと思います。作っています。帯広の工場で作って毎日運んできています。価格が280円になっているのは、誤表記ではありません。この値段です。一個食べると、けっこうな満足感があり、おいしくて、そして280円です。マストバイですね。この秋はこのアイテムがマストバイです。

スパイスティーとの相性

このモンブランは、そこまで甘みが強くありません。だから、苦いコーヒーでは、合わせるには強すぎる気がします。ふつうの紅茶だと、強めの乳脂肪分を受け止められない気がします。その点、南インド屋のスパイスティーは、スパイスによるキリっと感があるので、ベストマッチです。いや、結論ありきではないのですが、なんというかね、ベストマッチですね。

スパイスティーの購入は下の画像、もしくはボタンから飛べます。どうぞ宜しくお願いします。