キャベジンいらずの飲み会

会社を辞めた理由のひとつに、飲み会があります。

国内外に拠点のある、かたいメーカーです。非上場ながら、わりとちゃんとした会社でした。

勤め始めのこと、若手社員に、飲みに行くぞと言われ、数人で近くの焼肉屋に飲みに行きました。ふつうの焼肉屋です。

ヤシマなにが食べたい、とメニューを渡されたので、たしか、コロッとした牛ホルモンを頼んだ気がします。店員さんが、あれ?という顔をします。

注文の途中でビールが来て乾杯をします。入店してすかさず加藤さん(仮名)がオーダーした、キャベツの山盛りがふたつ、運ばれてきます。小皿に入った、人数分のマヨネーズと味噌が運ばれてきます。味噌とマヨネーズも別々の皿です。サービス良いなあ、と思いました。

あちらこちらから、にゅっと手を伸ばし、みなみなキャベツを齧りはじめます。ネクタイをゆるめ、マヨネーズに七味をかけて、たっぷりとつけて齧り、ビールを流し込みます。お腹がすいていたので、僕も食べます。何もつけずに齧ります。うん、キャベツが冷えてさくっとしておいしい、と思いました。

焼肉嬉しいなあ、何食べようかなあ、とメニューを見ようとするも、なぜかメニューは遠くに置かれています。

さて、牛ホルモン(一人前)が運ばれてくると、水上さん(仮名)が、

「いやあ、肉焼くのなんて初めてだなあ、ヤシマ、特別だぞ」と言います。店員さんは苦笑いしています。はっと気がついて周りを見ると、ほかのテーブルの山盛りキャベツには、味噌が一皿ついてきているだけです。我々にだけ、特別サービスをさせていたのです。

ここで逃げ帰れば良かったのですが、そうはいきません。

キャベツを齧る、ビールを飲む、キャベツを齧る、ビールを飲む、キャベツをお替りする。またお替りする。ビールを飲む……。

すきっ腹にキャベツとビールを流し込むので、あっというまに酔いは回ります。僕はほとんど下戸です。加藤さんは若い茶髪の店長相手に、焼酎のボトルを値切っています。水割りの水がたっぷりと運ばれてきます。「これじゃ氷足りないよ」と水上さんが言います。網の上の牛ホルモンは、あっという間になくなり、追加はありません。お腹がすいているので、仕方なくキャベツを黙々と食べます。

計二時間、ひたすらキャベツを齧り続けておひらきです。僕はお金を払いませんでしたが、いくらなのか恐ろしくて訊けません。

二次会行くぞ、と肩をつかまれ、はじめ断りますが、ぐいぐいと引っ張られ、半地下にある飲み屋に連れていかれます。おいなんで誘いを断ろうとするんだ、と説教をされながら、出てきたのは焼酎ロックと、漬物です。それだけです。おい、冗談だろ、と思いましたが。加藤さんと水上さんは、うまそうにバリバリと漬物をかじっています。しばらく飲んでから、また焼酎のボトルを値切っています。

まあ、こういう職場でした。一応ことわっておくと、みなさん、結構な給料をもらっています。

配属されてしばらくたって、僕はひとつ確信しました。「真剣に働こうとしている人はいない」ということです。

人生で大切なことは、いかに自分のパフォーマンスを高く保つかだと思っています。勤め人でもサッカー選手でも芸術家でも、そこは変わりません。

彼らは、仕事が終われば飲みに行って、次の日には、「いやあキツイっす」なんてやっています。同僚は全員30歳以上で、おじさんが多かったのですが、みなさん、だいたいは太っていました。酒は飲む、たばこは吸う、夜更かしはする、そして運動はしない、そりゃあ太りますし、顔色も悪くなります。

そんな状態で、果たして自分の能力を発揮できるのでしょうか。

いかにストレスを減らし、良く眠ってよく食べて、よく笑って、心身の状態をよく保つかに、細心の注意をはらうべきだと思います。それ以上に大切なことなんて、ほとんどありません。

だから僕は、飲み会にはほとんど行きませんし、付き合いで外出することも、ほとんどありません。ただ、週二回フットサルはして、好きな人に会ったり、好きなものを食べる時間は絶対欲しいです。

そうして、良い状態の日が、一年のうちに何日間作れるかが勝負だと思っています。僕は、365日間、そうでありたいです。その良い状態の何日間かで、いかにして自分の業績を積み上げるかです。風邪をひくなんてもったいないし、酒が残って次の日をつぶすなんてもっての外です。

という考えなので、さすがに会社には長くいられませんでした。

ただ、あれだけキャベツを食べたのは人生でもあれっきりで、ひとつ良かったのは、とても便通が良くなったことです。便秘に悩む男性諸氏、ぜひ焼肉屋に行って、肉を焼かずにキャベツだけ食べてみてください。おすすめです。

※追記 この時は一応一人前だけ肉を焼きましたが、それ以降の飲み会では、一切焼きませんでした。


この記事にわりと関係のある記事を紹介します。

キャベツのポリヤルのレシピ

キャベツのポリヤル

生でかじるのもおいしいですが、炒めるのもおいしいです。

ココナッツ入りなので、甘みもあります。安くて簡単でおいしいのでおすすめです。

アヴィアルのレシピ

繊維質だらけのカレーなので、きっと便秘に効きます。キャベツを生でかじりたくない方向け。

ココナッツオイルも含むので、さらに良いかもしれません。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. マキノ チエコ より:

    会社の飲み会は、色々ありますよね。でも、酒のツマミがキャベツ・・・・(しーん)なんか寂しいですね。未だに苦手です、お酌するのもされるのも。働いているわけではないけれど、プライベートでもない、グレーな時間がそこにはありますよね・・・私は魚介類を食べないので、始めはアレルギー、と答えていたのですが、最近、その辺白黒つけたそうな人が何人か職場に居て、参ったな~と思っています。飲み会で魚介のコース料理を頼んでいたり、寿司を昼食に用意していたり、そのたびに、笑って「偏食なんです」とかわしています。でも、ま、仕事あるだけありがたいと思っていますけれどもね。

    1. shirotadcs より:

      そうなんですね。飲み会なしの職場なら幸せですね。

コメントを残す

*