雑記2018/12/18「ガンの治し方は知ってるんだ」「メロが心配」

2018/12/18

●ガンの治し方は知ってるんだ

職業に貴賤は無いという。そうか。末期がんの患者に、越前ガニから抽出した何とかグルコサミンみたいなのをものすごい値段で売りつける仕事がある。あれは賤ではないのか。悪いことをしてもバチは当たらない、罪悪感に当たるんだと言う。当たれば良いのにと思う。ブチャラティではないけど、自分の利益のために無知なるものを利用することを邪悪と言うと思う。思い出した。わたしガンの治し方は知ってるんだ、と言っている人を見たことがある。もちろんnot医者。たしか、身近な人を癌でなくしていたはず。すげえこと言うな、と思った。サプリメントを売るためにそこまで言うのか。ちがうな。セールストークならまだ救いがある。どちらかというと、キャラ付のための、健康キャラとしての発言だった。お金のため、というこの世界で四番目くらいに強い言い訳が使えない。まあ、僕も、クローブは咳に効くらしいですよ、なんて言うから同じか。いや、らしい、とつけるな。咳でも。つけないではいられない。

●メロが心配

アルテトゥール・メロというブラジル人。チャビとイニエスタを手本としているらしい。よくわかる。自分の体でボールを隠してターンするのが上手。僕がまだできないプレイ。ちょっとがに股気味で動くので、横へのステップが速いのだけど、その分膝に悪そう。たしかチャビも膝の靭帯をやっている。彼がその道をたどらりませんように。あと、今をときめくフレンキーデヨング。彼の膝と足首も心配。

●風邪をひいたみたい

思い当たる節がまったくないので釈然としない。風邪なのかこれ。体温計はないから計ってない。昨日、剣道の素振りの要領で椅子をゆっくり振ってトレーニングしてみて、それのせいで僧帽筋にきてる。広背筋もだ。首のあたりの筋肉が痛むと風邪と似る。そのせいか。思い当たる節かこれ。あれ、でも寒気はするな。やっぱり体調悪いのか。今日明日と家にはひとり。ずっと寝ていよう。

●大平原おいしい

六花亭のお菓子は大体おいしい。大平原は主役級。ただ、ちょっと前から、なんだか生焼けっぽい、ねちっとしたかんじになっていて、それもあって焼いて食べていた。焼くとかりっとなってすごいことになる。今日、食べた大平原は、ちゃんと焼かれていた。焼こうと思って手に取って、あれ?と思ってそのまま食べた。ちゃんと火が入っている。おいしい。これなら焼かなくても良い。風邪のせいかもしれないけど。

●日本米は効率が良い

和食はほとんど食べないけど、最近は日本米を炊いている。三日に一回くらい炊いている。高頻度。さすが日本人。カレーと食べたり、肉を焼いたのを添えたり。カロリーを摂取するのに日本米は良い。おいしくて水分が多くて食べやすい。油も少なくて済むから胃に優しい。炭水化物をたくさん摂るのはトレーニー的には良くないけど、気を抜くと消費カロリーを下回ってしまう方だから、食べないよりはまし。めざせ70kg。

Pocket

見て食べられる料理教室を開催しています

できるだけブログだけで完結するように書いておりますが、実際に作っているのを見て、そして食べてみる料理教室も開催しています。ミールス、ビリヤニ、チャイ、などのこれまでレシピ化してきているものだけでなく、スープカレー、パオバジ、ベジコルマ、など、かなりマニアックな内容のものもあります。ご興味ある方は詳細のページをご覧ください。毎週日曜日13時から、大体3500円でやっています。


料理教室の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*