雑記2018/12/10「モモ」「don’t make it DAD」

2018/12/10

●モモ

今日は眠くて眠くて、昼まで寝ていたのに夕方にはもう眠かった。灰色の男たちにやられたのだと思う。

●寒い日のドライジンジャー

今日は、寒い夜だった。こんな夜に、よく料理教室に来てくれるなあ、と有難く思う。だから、始まる前にチャイを作った。ドライジンジャーを多めにした。月曜夜の枠は、仕事終わりに来る人も想定している。僕なら、仕事終わりは、チャイでも飲んで血糖値上げないと、とてもじゃないけど無理だ。今日は寒いから思いついた。これまで来てくれた人すまん。寒い日特典ということで。あと、準備に余裕のある時。

●don’t make it DAD

料理も好きだけど歌うのも好き。どっちが好きかは微妙なところ。前も載せたけど、この人の声の出し方って、みんな好きなやつだよなと思う。色々真似して、響きで遊ぶのも好き。この人の真似をして、ipadに入っていたgarage bandで録音して聞いてみた。Hey jude.dont make it bad.のBADのところがDADにきこえる。この人、ずいぶん、ブゥア~っていうなあと思ってたのだけど、わかった。口の先を、「うーー」と突き出すようにして響かせて、かつ、「んーー」で鼻のちょっと奥で響かせる。両立させる。で、息漏れ多め。そうやって発声して、itのTの音からBの音にもっていくときに、唇をしっかり一度閉じてからBを発音しないと、DADにきこえてしまう。Tをしっかり発音するわけではないけど、邪魔をする。録音して聞く遊びが流行りそう。僕の中で。録音環境欲しい。安いマイク買うか。

●ショー用の歌い方

今度コーチンに行くのだけど、その一軒家で、一曲うたってと言われる。言われてないけど、脳内設定。よくやる。脳内設定だから自由。さっきからのつながりで、while my guitar gently weeps。

これ誰が歌ってるんだだろう。ビートルズに寄せてる気がするけど別人のような。わかんない。ジョンとポールの声もどっちもどっちかわからなくなるし。えーー?僕うたうのーー?ええ、どうしようかな、ああ、じゃあビートルズで。よしそのかんじでいこう。この曲って、いかにもカヴァーしたくなる曲。本家がそうだから仕方ないんだけど、歌い方は一本調子。ショーとしてはいまひとつ。歌いだしは声量を抑えて、かすれた息の音が主な響きになるようにして、かつ、ベルカント唱法的に喉を拡げて頭の方にも通す。静かに歌いだしつつ、喉より上の部分で響きを確保するかんじ。1回目のサビでは、そのまま、ミックスヴォイスっていうの?そんなかんじで、太さは出さずに、淡々と歌う。表情もあんまり出さない。響きは喉の上の方まで。2週目は声量を上げて、息漏れを少し減らして、ビブラートをかけながら、喉の奥の方の響きをつかう。ごくんと呑み込むときのあたりを使うイメージ。it’s turningで、まず腕を伸ばしちゃうよね。踊るよねふつう。2回目のサビは、観客に向けて訴えるように歌う。途中から、胸の響きも加えて、さらに、もっと広げて全身に響かせるイメージで。音の柔らかさを残すために、吐く息も多く。僕は気持ち悪い動きには定評があるから、鶴のような動きとかするねきっと。最後のCメロっていうのか、そこは、勢いは保ちつつ、響きは減らしていく。最終的に、歌いだしのような静かな声で、still my guitar gently weepsを、一語ずつ余韻を持たせてゆっくり歌って終わり。ああ楽しかった。歌いながら踊るの大変。

Pocket

見て食べられる料理教室を開催しています

できるだけブログだけで完結するように書いておりますが、実際に作っているのを見て、そして食べてみる料理教室も開催しています。ミールス、ビリヤニ、チャイ、などのこれまでレシピ化してきているものだけでなく、スープカレー、パオバジ、ベジコルマ、など、かなりマニアックな内容のものもあります。ご興味ある方は詳細のページをご覧ください。毎週日曜日13時から、大体3500円でやっています。


料理教室の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*