インド家庭料理の趣 「芋とカブのサブジ」のレシピ

potato shalgam sabzi

サブジsabzi、というと、野菜の炒め物のことです。野菜そのものを指すこともあるようですが、まあ詳しいことは、詳しい人にきいてください。だいたいどんな野菜でも、スパイスと炒めればおいしくて、芋単品でもおいしいです。複数種類を合わせてもおいしいです。まだおいしい蕪がぎりぎり出回っているので、蕪と一緒に炒めます。

 

・カブ——2個(皮ごと小さめの乱切り)

・メークイン—–2個(皮をむいて小さめの乱切り)

・サラダ油——大さじ2

・クミン——小さじ1

・ターメリック——小さじ1/2

・チリパウダー——小さじ1/4

・青唐辛子——1本(みじん切り)

・塩——小さじ1/2弱

①鍋にサラダ油を熱して、クミンを放り込む。軽く色づいたら火を弱め、ターメリックとチリパウダーを加えて、油となじませる。青唐辛子、メークイン、塩を加えて、2分ほど炒める。蕪を加えてざっと混ぜ、なじんだら水(分量外)を加えて蒸し焼きにする。柔らかくなったら出来上がり。あれば、最後に刻んだコリアンダーリーフを混ぜる。

どういう仕上がりを目指すか

・芋も蕪も、歯ごたえが残る程度に今回はしています。ただ、もうちょっとに煮崩して、蕪がトロっとするくらいのほうが、一般的な気もします。おこのみでどうぞ。

・ターメリックはちょっと強めです。なんとなくそのほうがサブジらしいです

・辛さは、あまり強くしないものの気がします。地味な味にしたいです。

・同じく、塩も、あまり強くしません

バリエーション

・芋を下茹でしたい方は、しても良いです

・あまり華やかな味にする印象はありませんが、ガラムマサラを加えたり、マスタードシード、ホールチリ、あたりは、加えても良いと思います。カルダモンは、あんまり合わないかな、と思います。

・今回は、ほぼミニマムのサブジですが、ここに、玉ねぎ、ニンニク生姜、トマト、などを加えても良いです

・芋を油で揚げてから炒める、という手もあります

食べ方

・サブジ、はミールスというよりも、ターリ、だと思います。ざっくり言うと北インドですね。

・米にも合いますが、小麦にも合います。このようなサブジとチャパティ、そしてダル、という組み合わせは定番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です